読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Debuginfo

思考とアウトプット

nginxでReverse Proxyの設定

Backend webappはMojoliciousで組んでます。リバースプロキシがあると、スケールアウト時(そんなときが来ることを願ってます) やバージョンを切り替えるときに役に立ちそうです。CentOSのvpsを使用しているのでyum install nginxを入れて下記のようなファイルを作ります。 ってか、これはMojoliciousのドキュメントのコピーですね ^^;;

# /etc/nginx/iworld/proxy.conf
upstream hoge {
  server 127.0.0.1:3000;
}

 server {
  listen 80;
  server_name                  
  aaa.bbbb.com;
  location / {
    proxy_read_timeout 300;
    proxy_pass http://hoge;
    proxy_set_header Host $host;
    proxy_set_header X-Forwarded-       For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header X-Forwarded-HTTPS 0;
  }
}

今回はデフォルトのファイルを触りたくなかったので/etc/nginx/以下に新しいディレクトリを作って/etc/nginx.confのincludeのラインを変更しましす。 オリジナルとdiffを取ってみると下のようになります。

# diff nginx.conf nginx.conf.org 
67,68c67
<     #include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
<     include /etc/nginx/iworld/*.conf;
---
>     include /etc/nginx/conf.d/*.conf;

これでスタートさせればOK

# /etc/init.d/nginx start

まだまだ設定するところがありそうですが、それはまた今度。