読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Debuginfo

思考とアウトプット

ディレクトリを覚えられない人のto() function

これは私が新卒のときにNYのチームでOJTしたときに、Unix SAのKさんが使用していたものです。ちなみに当時、そのチームでよく使われているWindowManagerはratpoison
It’s really cool to work without mouse という感じでした^^;;

歴史のある会社で働いているとディレクトリがたくさんあり、階層も深くなっていると思います。たまに覚えている人もいますが、やはりどこかに書いておくのが現実的ですよね。to()を定義して使うと覚える必要がありません:)

まずは使い方から

$ to abc
$ pwd 
/nfs/here/is/also/too/long/path/I/cant/remember

こんな感じで移動できます。また引数なしで使うと一覧を表示するので

$ to
Please choose from the following ‘to’ destinations:

hoge:/nfs/this/is/too/long/path/I/cant/remember
abc:/nfs/here/is/also/too/long/path/I/cant/remember 

で関数は下記のようになります。.bashrcのようなrcファイルで定義すればよいです。zshでも動くはずです。

#-----------------------------------------------
# for those who can't remember the file place
#-----------------------------------------------
dest_type()
{
     key=$1
     check_host=`ypmatch $key hosts 2> /dev/null`
     check_passwd=`ypmatch $key passwd 2> /dev/null`
     if [ "${check_host}X" != "X" ]; then
            echo host
     elif [ "${check_passwd}X" != "X" ]; then
            echo user
     else
            echo dir
     fi
}
to()
{
    mapfile=“$HOME/.custom/dir_maps.txt"

    if [ ! -f $mapfile ]; then
            echo "directory map file doesn't exist"
    else

            if [ "${1}X" = "X" ]; then
                    echo "Please choose from the following 'to' destinations:"
                    echo ""
                    cat $mapfile | tr ':' '\t\t'
            else
                    key=$1
                    # the directory key takes precedence
                    line=`grep "^${key}:" $mapfile`
                    if [ "${line}X" = "X" ]; then
                            type=`dest_type $key`
                    else
                            type="dir"
                    fi

                    case $type in
                    'host')
                            echo "ssh $key"
                            ssh $key
                            ;;
                    'user')
                            echo "~$key"
                            $_user_dir=`/bin/echo ~$key`
                            cd $_user_dir
                            ;;
                    'dir')
                            dest=`echo $line | awk -F':' '{print $2}'`
                            echo "$dest"
                            cd $dest
                            ;;
                    *)
                            echo "Unknown key: \"$key\""
                            ;;
                    esac
            fi
    fi
}

でdir_maps.txtは下記のように定義します。

# $HOME/.custom/dir_maps.txt
hoge:/nfs/this/is/too/long/path/I/cant/remember
abc:/nfs/here/is/also/too/long/path/I/cant/remember

ちなみに to HOST でssh. to USERNAMEでユーザのホームに行けますが、私はあんまり使用していません。

以上です^^ Have fun :)